【海外の反応】日本代表がW杯で無念の3連敗!? ロシア人ジャーナリストは”異なる”分析と予想をコメント!


先日見かけたこのニュース。

「日本代表は無念の3連敗!?英メディアがW杯グループHの4カ国紹介&勝敗予想」
 
 ロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕まで3カ月を切ったなか、今週と来週の国際Aマッチウィークを利用して各国が国際親善試合を行う予定となっている。そんななか英スポーツメディア「101 Great Goals」は、日本代表が入ったグループHの各国を紹介するとともに、グループステージの勝敗予想をしている。
 
 グループHには日本代表の他に、3大会ぶりに本戦へと出場するポーランド代表、2002年の日韓W杯以来の出場となるセネガル代表、そして前回大会で日本に勝利しているコロンビア代表が入っている。優勝経験のない4カ国が入ったグループHは、6試合すべてでエキサイティングな試合が行われるはずだとレポートされている。
 
 記事内で、グループHで最も本命に近い存在とされたのはポーランドだ。予選での活躍を評価するとともに、攻撃と守備に存在感のある選手がいることが大きいとしている。欧州トップリーグでプレーしている選手たちが大半を占めるなか、キーマンに挙げているのがバイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキだ。エースとして91試合で51ゴールを挙げ、同国代表の最多得点記録を更新し続けるストライカーは、W杯でもゴールデンブーツ(大会得点王)の候補になるとされている。(中略)
 
 ただ、記事内の最後では「セネガルと日本は不利な立場に立たされている」と日本は3連敗で最下位という予想になっている。この低評価を払拭するほどの結果を、ハリルジャパンはロシアの地で手にすることができるだろうか。(全文はリンク先で)
 
https://www.football-zone.net/archives/95442

冷静に見てサッカー日本代表がグループステージを突破できないと予想されてしまう面があるのは仕方がないと思いつつも、突破を信じたい…。
 
ということで、グループHについて別の分析は無いものかと探してみたところ、海外の掲示板に異なる分析をコメントしているロシア人ジャーナリストの方がいたので紹介します。
 
以下、ロシア人ジャーナリストの方の見解とそれに対する発言のまとめです。

【海外の反応】

ロシア人ジャーナリスト
ポーランド:東欧人は2006年のドイツから12年の間を経てワールドカップに復帰。

ポーランドは、EUROとワールドカップのグループステージを突破できていない最近の大会の結果に失望している。しかし、ユーロ2016で優勝したポルトガルに準決勝でPKを外して負けたことは、この傾向が変わってきていることを示唆している。

大会が行われるロシアに近いので、グループの対戦相手より多くのサポが駆け付け、その雰囲気がアシストする可能性がある。しかし、2012年のEUROでは共同開催国の1つだったにも関わらず、ホワイト・イーグルス(ポーランド代表チームの愛称)はグループ最下位で終わったので、友好的なファンが取るに足らない要因ということを証明したともいえる。

しかし、今回はポーランドがポット1のシードチームとしてトーナメントに参戦してることから、近年の質の高さを示唆している。彼らはここ最近、世界最高のチームに仲間入りし、世界の上位15チームに戻ってきた。

攻撃の主軸であるバイエルン・ミュンヘンのストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキが最前列にいるので、グループステージを突破し、ロシアが勝ち進むのを願っている。その他の主要選手には、ナポリのピオトル・ジエリンスキ、WBAのグジェゴシュ・クリホビアク、地元クラブのグールニク・ザブジェのラファウ・クルザワが含まれる。レヴァンドフスキとアルカディウシュ・ミリクと主要選手がどのように連携できるかが相手に与える脅威に不可欠であり、今後ポーランドの躍進に掛かっている。

EU2016予選でのドイツの敗戦とその翌年の本戦での引き分けによって証明されるように、ポーランドは強いチームに対してポジティブな結果をもたらすことができる。

しかし、懸念もある。ここ最近はその傾向と矛盾している。ワールドカップ2018の予選において、ルーマニアとアルメニアとの対戦では大勝したり、アルメニアとモンテネグロの対戦では試合終了間際のレヴァンドフスキの劇的ゴールが必要だったり、カザフスタンとの2-2の引き分け、デンマークに4-0で負けたりと、結果は一進一退だったりする。

ポーランドがフィットし準備が整えば、凄い攻撃力になる可能性があり、ロシアで成功できるかもしれない。しかし、対戦相手が彼らの特徴を理解すると、苦労する傾向がある。


ロシア人ジャーナリスト
セネガル:テランガのライオン(セネガル代表チームの愛称)は、16年の長い休憩の後に復帰。セネガルの躍進で思い出されるのは2002年のグループステージでディフェンディングチャンピオンのフランスを破り、アフリカの国で2カ国目となる準々決勝へ進出したこと。

彼らのチームは西アフリカでは伝説的な存在だったアリュー・シセが監督をしている。彼は厳しい予選グループを気持ちよく終え、2018年へ導いた。彼が率いる男たちは、個の才能で彼自身に匹敵するかもしれない。

セネガルには、リバプールのウィンガー・サディオ・マネがいて、他にもASモナコとエバートンでプレーしているケイタ・バルデ・ディアオ、バイェ・ウマル・ニアッセがいる。よって、このチームは若者の良いエネルギーに満ちている。セネガルの他のスターはフランスリーグ・リーグアンにいる。

セネガルは、2017年のアフリカ・カップ・オブ・ネイションズ(African Cup of Nations)に選ばれ、確かそれを獲得したはず。グループステージでの支配的なパフォーマンスは、カメルーンと双璧をなす強さだった。残念なことに、その後、優勝するカメルーンにスコアレスでPKで負けてしまった。しかし、2017年のAFCONは、セネガルのアフリカサッカー界での地位を固め、現在、大陸の上位3チームになった。

セネガルは、積極的かつ精力的なペースとスタイルで、よりフィジカルを活かしたカウンターが脅威だ。この組み合わせを考えれば、彼らの躍進も期待できる。

しかし、AFCONの最後に真のクオリティを出せなかったことからも証明されたように、最高レベルの国際大会の経験不足が弱点になるかもしれない。より訓練された対戦相手には、少し弱いかもしれない。


ロシア人ジャーナリスト
コロンビア:ロス・カフェテロス(コロンビア代表チームの愛称)は1994年以来の2大会連続での参戦を果たしたが、まだとても素晴らしかった90年代のチームの失敗を忘れさせるには至っていない。

彼らを率いるのは2014年と同じ監督であるホセ・ペケルマンだ。現在のコロンビアは、4年前ほど良くはなく、2013年は2位だったが今回予選は4位で終えた。

6ポイントゲームである南米の上位3チームを打ち負かすことはなかった。にもかかわらず、コロンビアは同地域の他の国からのポイントを蓄積し、最大化することでコロンビアはロシアに辿り着いた。

また、コロンビアは強力な40人の選手たちに恵まれており、23人に絞る作業がペケルマンにとって難しい課題となっている。ロス・カフェテロスは、2014年に怪我の為出場できなかったエル・ティグレ(愛称、虎のこと)・ラダメル・ファルカオがロシア大会では見られるかもしれない。

ASモナコのストライカーは、ここ数年で調子を取り戻しており、適切な時に適切な方法で彼を投入することを示唆している。彼はスピーディーなカルロス・バッカ(ビジャレアル)とルイス・ムリエル(セビージャ)と前線で組むだろう。

他にも、ポーランドのロベルト・レヴァンドフスキのチームメイトでもあるバイエルン・ミュンヘンのハメス・ロドリゲスを中盤の要とすることで、チームは彼のクリエイティブティを十分にうけるだろう。

ベテランのディフェンダー、クリスティアン・サパタ(ACミラン)が、フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ)とバルセロナのジェリー・ミナとともに、バックラインをリードする。

全体的にみて、コロンビアはおそらくこのグループの最も強いチームだ。そしてこの組み合わせは彼らにとって優しかった。しかしながら、前回のブラジル大会ほど良い結果とならない可能性は非常に高い。


ロシア人ジャーナリスト
日本:6大会連続でW杯予選を勝ち抜いいたサムライ・ブルーは、ワールドカップ史の中でちょっとした主流となったことに満足している。
ワールドカップでの日本の地位は、着実に進歩してきたことではなく、他の大会でグループステージを突破したことで揺るぎないものにした。

理論上は、彼らはこのグループの4チームの中で最も才能のないチームであり、ピッチ外の分野でこれを補うように見えるだろう。しかし、日本人の主な強みは、戦術的実践と想像力豊かなリスクの組み合わせだ。

日本は非常にテクニカルだが時には大胆なサッカーを採用する。彼らのゲームプランは、流れるようなパスと敏捷性に満ちており、目を楽しませることができる。日本の動きは素早く、そして忍耐強い。

多くの選手は地元のクラブで育成されているため、感覚を熟知した間柄であり、メジャー大会ではそれがチームに役立つと思われる。岡崎慎司、本田圭佑、川島永嗣、香川真司と言った経験のあるスターもいる。日本はまた、ドイツのブンデスリーガの原口元気、浅野拓磨、スペイン2部の井手口陽介といった若手選手もいる。

日本は、ボスニア・ヘルツェゴビナ人のヴァヒド・ハリルホジッチが監督をしており、彼が前回のワールドカップのグループHから、アルジェリアをベスト16に進出させたのは最も意外な事だった。だから、彼らは突破が難しい状況でも、少ない可能性でも勝利に導く経験を持つリーダーを持つという事になる。

さらに日本は、前回のワールドカップですでにコロンビアとプレーしていることで恩恵を受ける。2つのチームが連続してワールドカップで対戦し、同じ結果になることはまれだからだ。

最後に、日本は番狂わせの可能性があるが、現実は不十分かもしれない。


ロシア人ジャーナリスト
早期予想:ポーランドとコロンビアがどちらの順序でもこのグループを突破すべきだ。しかし、ポーランドはロシアの次にほとんどのチームが対戦したかったシードチームだ。これは、このグループの上位2つに、他のチームが入り込む余地を残す。

コロンビアはとても層が厚く、世界で最も厳しい予選を通過してきたので、彼らが脱落するのを見るのは難しいだろう。2014年と同じではないが、より勝算のあるグループに入ったのはラッキーだった。おそらく、準々決勝に進出するひとつのチームとなるだろう。

セネガル選手のこの若いという側面は、ひとつのトーナメントを迎えるにはあまりにも早いと感じている。大陸トーナメントでの不安は、未熟さの指標となる可能性がある。

僕たちは、ポーランドがどのような布陣で臨むかは分からないが、特にカウンターによって脅かされるサイドの脆弱性という危険な命題がある。予選での混戦の結果は、停滞感の種であり、もしレヴァンドフスキを抑えられれば、ポーランドが中盤で優位に立っても、その火力の大部分は削がれることになるだろう。

もしシードチームが通過できない可能性があるとしたらこのグループかもしれない。まあどうなるかは解らないけども。それでも、セネガル戦での開幕戦は激しいものになるはずだし、多くの得点を挙げることができると感じている。

ポーランド/コロンビアのいずれかの失敗によって、グループステージを突破する他の国を挙げるとしたらセネガルをみんな選ぶように思う。しかし、日本が阻止する役割を果たすと考えるのが、いま書いている僕の信念だ。彼らの技術的アプローチは、どちらに転ぶか分からないポーランドに対して十分に効率的かもしれないし、基本的には2014年と同じコロンビアのチームも熟知しているだろう。2回目の対戦も負けるだろうが、前回ほどの大きな差は開かない。


ロシア人ジャーナリスト
ポーランド2-1セネガル(R・レヴァンドフスキによる劇的ゴール)
コロンビア2-1日本(2014年以来の再戦、しかし大差にはならない)
ポーランド1-1コロンビア(2つのベストチーム、互いに打ち消し合う)
日本3-3セネガル(2018年ワールドカップのベストゲームの1つ)
セネガル2-4コロンビア(得点は多いが、より良いチームが勝つ)
日本2-1ポーランド(番狂わせ。ポーランドの創造性を脅かす日本の守備)


ロシア人ジャーナリスト
1.コロンビア :勝点7pts.
2.日本:勝点4pts. (得失点差+0 )(得点6)[総得点数により勝ち抜け]
3.ポーランド:勝点4pts.(得失点差+0 )(得点4)
4.セネガル:勝点1pts.


ロシア人ジャーナリスト
はい、皆さん……僕は本当にこの仕事をしていたので、時間があれば見てください。
僕は他のグループのものも作ることを計画しているよ。


Anonymous
コロンビアには、現在とても調子のよい最高の選手、クアドラードがいる。このグループのどのチームもコロンビアのレベルにあると思わない。ぺケルマンは先発メンバーを良く変えやがり、予選を通して躓いたりするが、彼らは単純に南米で3番目に優れたチームだ。

僕の考えでは、トップとバックが非常に強く、中盤が弱いウルグアイよりも完璧なチームだ。コロンビアにはあらゆるレベルの偉大な選手がいる。しかし、いくつかの弱点もある。彼らはポーランドとレベルは同等で、セネガルと日本には圧倒していると思う。

彼らのブレークする選手はファブラ(ボカ・ジュニアーズ)、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)とジェリー・ミナ(バルセロナ)になると思う。

おそらく、マテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)もとんあでもない才能がある。ジミ・チャラ(アトレティコ・ジュニオール)は、かつてのアドラードのようなウィンガーとしてベンチから出てくるダークホースだ。

彼らは中盤が強いが、守備的ミッドフィールダーが決まり切らないようだ。誰もまだアギラールをベンチに追いやれないでいる。

クバ(ヴォルフスブルク)とレヴァンドフスキの他に、ポーランドには、より速くて技術的に才能のあるチームに対してポゼッションや攻撃の指示をする選手がいない。彼らは、背の高さと腕力を活かしてセットプレーで空中戦でを制する必要がある。


メキシコ人
ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイはいずれもコロンビアよりも優れている。


Anonymous
僕はポーランド人なので、君の分析に失望したよ。悲観論にもかかわらず、ポーランドがグループステージを突破しないと予想するのは奇妙だと思うね。僕はセネガルと日本はもちろんのこと、コロンビアにも簡単に勝てると思う。


Anonymous
僕はコロンビアを最初に、次にポーランドだと思うね。コロンビアはあまりにも才能がある(ファルカオ、ハメス、ダビンソン・サンチェス、ムリエル、バッカ….)。僕は2014年のブラジル大会(ベスト8)ほど期待してないけど、グループステージは突破できると期待してるよ。
ポーランドに関しては、楽観的ではない人もいるようだけど、強くて経験豊かなチームだと思うよ。
セネガルは、サディオ・マネというダイナモのおかげで、日本を抜いて3位になるはずだ!


Anonymous
あなたのこの分析は素晴らしい!それは僕がコロンビア人だからという理由だけでなく、かなり良いレポートだ。


アルゼンチン人
ポーランドの期待が低いようだけど、コロンビアの次に予選通過すると思うよ。


Anonymous
もしグループに番狂わせがあれば、セネガルが進むと思う。ポーランドがグループ1位でセネガルが2位になる。コロンビアが3位で、日本が4位。


カナダ人
ポーランドが予選通過しない予想なんて非常に馬鹿げてるね。


メキシコ人
それほどでもない。予選突破できないと思うよ。


各大陸予選でのゴール集動画

●ポーランド代表

●コロンビア代表

●セネガル代表

 
サッカー日本代表のグループステージ突破に期待しましょう!

References:bit.ly/2FW1p8A / Group H Analysis and Early Predictions: Poland, Senegal, Colombia, and Japan

27


  • 名無しの司令塔  2018/03/22 23:09  ID:UzMjM1MjU

    ポーランド・セネガルは別大陸との対戦が少ないという弱点がある アジアのサッカーをよく知らないというのは、本番で戸惑う可能性はあるかもしれない 独特のアジリティーと、欧州やアフリカと違いミドルシュートする局面でのパスなどいつもの対戦相手とかなり勝手が違う それから他国にとって日本戦は勝ち点3を取りに行く試合、前のめりになってくれればハリルの狙いが当たるかもしれない とにかく突破するためには初戦が最重要で、なんとしても引き分けたい

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/22 23:19  ID:A0ODg2MTE

    W杯は初戦がすべて だがコロンビアに勝つイメージがわかなくて日本代表は迷走中 勝つためには鉄壁の防御がいるが日本はディフェンスがなあ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 00:30  ID:kyMzQ0MzE

    やってみなきゃわからんよ 個々の名前をあげりゃそうかもしれんが絶対に勝てないってほどの強国じゃない本番までの準備、また本番でもいろんなことが起きる 俺はやってくれると信じている


    • 名無しの司令塔  2018/03/23 00:53  ID:U0MDExMDk

      サッカーを何も知らない人は暢気でいいなぁw どこの国もワールドクラスの攻撃陣が2人以上いるってのにw


    • 名無しの司令塔  2018/03/23 14:58  ID:c3NDgzODE

      2010年の時だってデンマークカメルーンにワールドクラス・インターナショナルクラスいたよー スタメンの肩書きだけみれば、あの時のほうが絶望的だった あまり悲観することないさ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 00:42  ID:cwMDQ4MzI

    いやいや 絶対勝てない程の強国ですってw

    返信

  • ロールペーパー岩田  2018/03/23 00:51  ID:AxMDkyNjY

    3連敗は発狂しますわ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 01:17  ID:AwMDkxODQ

    ポーランドには案外善戦しそうだけどコロンビアにはボコられそう

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 01:22  ID:AyOTQ5Mzk

    勝てるわけないやん、格好ばかり気にしてるヘタレの日本代表が(笑)


    • 名無しの司令塔  2018/03/23 04:05  ID:A5NDc2NDk

      在日君さ 日本をけなしてないで 自分達を良くするための努力をしようよ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 02:05  ID:UzMjU0NDI

    ぐぬぬぬ、、、く、悔しいが ポーもコロンもセネガルも皆強くて 日本が最高の状態ですら勝つのは厳しいっす! やっぱアジアのチームはまた全敗必死

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 04:14  ID:g3Nzk3MjQ

    日本からしたらどこも死の組なのは最初から分かってたしね(笑)ポーランドだけはワンチャンあるかな...親善試合見る感じハイプレスだから。後はこの前のブラジル戦みたくドリブルでプレス躱された時どうするんやろか、、、そこなんとか出来れば全部とやってもそんな簡単に失点しない気がする。

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 05:24  ID:YyMTU0OTg

    何かは起こるだろ?っていう期待はして見るよ でも勝ち抜く実力なんてのは全く無いよ、時間は掛かるだろうがいつかこういう舞台で張り合える強さを身に付けて欲しい

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 06:06  ID:Y0NjYzMzQ

    ペケルマンがとちると予想。長期政権でもうまくやるやつはやるけど、いい加減ジジイだしな。ドイツもやらかすと思う。

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 10:07  ID:I0Njg0MTk

    おまえらが思う通りの人生送ってたらそんな事になってない おまえらの法則が発動するわ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 10:09  ID:c0MzAxMDI

    W杯での成績を見ればアフリカと欧州相手は五分五分。南米はほぼ負け。おそらく今回もそんな感じになるはず。 セネガルとポーランドは日本相手に勝ち点を落とす可能性は十分ある。なのでコロンビア戦で引き分け以上で突破の可能性は50%くらいになると思う。その引き分けが難しい訳だが笑

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 15:03  ID:c3NDgzODE

    ロシアの6月は20度いくかいかないか 日本でいえば4月の気候で走力を求められれる戦術には絶好の相性 日本は走りやすい環境の土地のほうが有利 逆に走れない環境だとフィジカルとスキルで押し込まれて不利

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 15:40  ID:kxMzc0Mzc

    番狂わせはあるよ。日本が辛うじて突破する。

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/23 18:20  ID:YxNTM1NjQ

    ハリルジャパンは間違いなく弱い、アジアの中ですら手をこまねいている でも2010年の様に下馬評を覆すかどうかが見どころだ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/24 03:30  ID:c4ODk2NDE

    コロンビア3ー0日本 セネガル2ー2日本 ポーランド1ー1日本 グループリーグ敗退です悲しい。

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/03/25 09:23  ID:A2OTkwOTI

    3連敗は確実。 岡崎、香川、中島、本田あたりが出ればどうなるか分からないけれど。

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/04/20 14:41  ID:I4Mzc2ODc

    3連敗の確率90%

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/04/20 14:50  ID:I4Mzc2ODc

    3連敗免れんが久保くん、堂安、ハンブルガー伊藤入れてれば、あたらしもん好きな、現実逃避にわか黙らせれるから、それでいいんでね〜 南野は無いけど、中島とかは理解できるけど…… まぁ、捨てないで応援するか一応純粋な日本人だし〜

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/06/05 10:11  ID:k4NjY3MDc

    やってみないとわからんけど 下馬評だと厳しいのは確かだね 本田が覚醒したように 他の選手がヒーローにならなければ 突破は不可能だろう

    返信

  • な阪関@アンチ虎  2018/06/12 19:05  ID:A0ODE0MTA

    ワイの予想 日本0-3コロンビア 日本0-3セネガル 日本0-4ポーランド

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/12/17 00:34  ID:U3ODQ4NDk

    今見てみるとm9なコメントばっかりで草

    返信


コメントする