【海外の反応】「歴史的勝利だ」日本代表、前評判を覆す!コロンビア撃破の番狂わせに世界から驚愕の声!!!


 日本代表の西野朗監督(63)は、後半28分のFW大迫勇也(28=ブレーメン)の劇的な勝ち越しヘッドで、2014年6月24日のブラジル大会1次リーグ1-4と大敗して1次リーグ敗退を喫した因縁のコロンビアを撃破し、ワールドカップ初采配で日本をワールドカップ初となる南米のチームの勝利に導き、新たな歴史を作った。(全文はリンク先で)
 
https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806190000556.html


ドイツ人「初めて心配している」強豪国が軒並み不調のW杯初戦…GS敗退を危ぶむ声も!今大会は嵐の予感!?


ブラジル、アルゼンチン、ドイツが揃って開幕戦で勝てなかったのはワールドカップの歴史上初の出来事のようです。


  •  

日本代表はサプライズ枠!? 外国人「W杯に出場する32カ国のビールを集めたぞ」


ワールドカップに出場する32か国で生産されたビールをすべて集めた人がいるようです。
気になるのは「ビール日本代表」ですが、アサヒ、キリンといったおなじみのメーカーでなく、木内酒造の「常陸野ネストビール」というクラフトビールでした。


  •  

【海外の反応】「スペイン3-3ロナウド」強豪国同士の好カードはC・ロナウドのハットトリックで、ポルトガルがドローに持ち込む!


ワールドカップ(W杯)ロシア大会第2日目。
ポルトガル代表の不動のエース、クリスティアーノ・ロナウドがスペイン戦でハットトリック。史上4人目の4大会連続得点も達成。グループB屈指の好カード3-3で引き分けた。


  •  

【海外の反応】「彼抜きでも日本に勝てる」コロンビア代表のハメス負傷の報道も、世界のサッカーファンの予想は変わらず..


19日に日本代表とロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦するコロンビア代表。
そのエースであるハメス・ロドリゲスが負傷を抱えているとの報道に対する海外の反応を追ってみました。

ハメス・ロドリゲスは、左ふくらはぎに違和感を覚えているとして、日本戦に出場できるか判断するために治療を受ける。


外国人「なぜ日本はカラスを使ってないの?」ワールドカップ出場国、全32チームのニックネームに対する海外の反応!


ワールドカップ全32チームのニックネーム
 
【グループA】
ロシア – スボルナヤ(ナショナルチーム)
ウルグアイ – セレステ(水色)
エジプト – ザ・ファラオズ
サウジアラビア – グリーンファルコンズ
 
【グループB】
イラン – チーム・メッリ(ナショナルチーム) ペルシャのライオン
モロッコ – アトラスの獅子
ポルトガル – セレソン・ダス・キナス(紋章の代表)
スペイン – ラ・ロハ(赤)
 
【グループC】
オーストラリア – サッカルーズ(サッカーとカンガルーの合成語)
デンマーク – ダニッシュダイナマイト
フランス – レ・ブルー(青) トリコロール(三色)
ペルー – インカ Blanquirroja(赤と白)
 
【グループD】
アルゼンチン – アルビセレステ(白と水色) ガウチョ(ガチョウ)
クロアチア – ヴァトレニ(炎)
アイスランド – ストラッカニ・オッカル(われらの選手たち)
ナイジェリア – スーパーイーグルス
 
【グループE】
ブラジル – カナリア軍団 セレソン(ナショナルチーム)
コスタリカ – ロス・ティコス(コスタリカ人たち)
セルビア – オルロヴィ(イーグル)
スイス – ナティ(ナショナルチームの略)
 
【グループF】
ドイツ – マンシャフト(チーム)
メキシコ – トリ(三色)
韓国 – 赤い悪魔 アジアの虎
スウェーデン – ブローギューラ(青と黄)
 
【グループG】
ベルギー – 赤い悪魔
イングランド – スリーライオンズ
チュニジア – カルタゴのイーグル
パナマ – 赤い潮風 カナレロス(運河の男たち)
 
【グループH】
コロンビア – ロス・カフェテロス(コーヒー栽培者) La Fiebre Amarilla (黄熱病)
日本 – サムライブルー
ポーランド – ビアウォ・ツェルヴォニ(白と赤)イーグルス
セネガル – テランガのライオン


【海外の反応】「予想を覆してほしい」W杯直前の試合で結果を出した日本代表に海外からもエールの声!


サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表は12日、オーストリアのインスブルックで国際親善試合のパラグアイ戦に臨み、4-2で勝利した。
 
   W杯前の最後の強化試合で、4月に就任した西野朗監督の指揮下では3戦目で初白星。海外クラブでプレーする選手も招集した試合では昨年10月のニュージーランド戦以来8試合ぶりの勝利。
 
 日本は8日のスイス戦から先発を10人入れ替え、香川(ドルトムント)、岡崎(レスター)らを起用。1点を追う後半6分に乾(ベティス)がチーム3試合ぶりのゴールを挙げて同点とし、同18分にも再び乾が決めた。試合終了間際には香川が追加点を奪った。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が61位。W杯に出場しないパラグアイが32位。
 
 W杯は14日に開幕する。日本は13日にキャンプ地となるロシア・カザンに移動し、19日に1次リーグ初戦のコロンビア戦に臨む。 (全文はリンク先で)
 
https://mainichi.jp/articles/20180613/k00/00m/050/184000c


  •  

【海外の反応】2018年ワールドカップのダークホースはどこだ?「アイスランドと〇〇」


私はこの3ヵ国を推します!
 
スウェーデン
彼らは他のチームほど有名な選手がいないかもしれないが、ひとりひとりがチームの歯車として働ける方法を知ったコンパクトなチームです。同グループにいるのは、メキシコ(最高のメンバーとは言い難い)と韓国(2人の有名な選手がいるが、チームとしてのポテンシャルは???)です。メキシコ、韓国を確実に倒して波に乗ることができれば、明るい結果が待っているかもしれない。
 
ペルー
1982年以来のワールドカップになりますが、質の高いサッカーができる精力的で若い選手が揃っている。また、精神的支柱であるパオロ・ゲレーロがプレイできるようになったので、モチベーションも高まっています。グループCはフランス、デンマーク、オーストラリアと混戦ですが、失うものは何もないペルーは彼らにとっても強敵になるでしょう。
 
イングランド
最近のワールドカップでは思うような結果を残していませんが、アリ、ピックフォード、ケイン、ダイアー、リンガードといったフレッシュな才能が育っています。サウスゲートは時間をかけて古豪を強豪に戻しつつあります。次の一歩を踏み出し、成功を収めるには大きなプレッシャーがつきものですが、この若返ったチームにはプレッシャーに打ち勝つだけの能力と才能を持っています。
 
あなたの思うダークホースはどの国ですか?
 


外国人「過去最高のサッカーCMはこれだ!」【海外の反応】


海外の掲示板でこんなタイトルのトピックを見つけました。
「過去最高のサッカーCMはこれだ!」

映画「GOAL!」をギュッと濃縮したようなこの動画に関する感想のほか、
ナイキ、アディダスが制作したサッカーに関連するCMを懐かしむトピックです。

※話題に挙がるCMはどれも必見です!
時間の許す方は各動画も見てみてください。記事の後半には、中田英寿選手や中村俊輔選手が出演したCMも登場しますよ。


  •