本田圭佑、移籍先はやはりMLS!?メキシコ誌の報道にアメリカ人は…「絶対に獲得したい」「一選手以上の価値だ」


海外のサッカーフォーラムで「日本のスター本田圭佑がワールドカップ後にMLS入り」と話題になっていたのでご紹介します。

事の発端は、メキシコメディア「CRITERIO HIDALGO」が報じているようです。

かつてのサッカースター選手であった多くのベテランが、半年間のプレーで何百万ドルの報酬を貰い、アメリカでキャリアを終えるのは最も一般的である。そして、本田圭佑選手も最後のワールドカップをプレーし、アメリカのリーグに入るのが目標だと思われる。
 
パチューカは日本人サッカー選手を保持するために可能な限りの事をしてきたが、本田圭佑はすでに退団を決めているので、すべての試みは役に立たなかったようだ。彼にとっては、アメリカからのオファーが最も魅力的なようだ。
 
アレッサンドロ・デル・ピエロや、ティム・ケーヒル、日本人仲間である小野伸二らがプレーしたオーストラリアのAリーグのチームも幾つか興味があり、300万ドルのオファーを出したが、MLSはそれ以上だろう。
 
MLSに到着した場合、その攻撃的ミッドフィルダーは、スウェーデンのズラタン・イブラヒモビッチ、イタリアのセバスティアン・ジョビンコ、メキシコのジョバニ・ドス・サントス、アメリカのマイケル・ブラッドリー、ドイツのバスティアン・シュヴァインシュタイガーらとプレーすることになる。

以下、この話題に対する発言のまとめです。


【海外の反応】2018年W杯出場各国の「最も高価な選手」一覧/日本代表からはあの選手!


海外の掲示板でこんなトピックが話題です!

今年のワールドカップに出場する32ヵ国で移籍金評価額が最も高い選手を紹介します。
 
※2018/05/16現在、1ユーロ=約130円ですので、1600万ユーロ=約21億円です。
 

【グループA】
 
●ロシア/マリオ・フェルナンデス
⇒ 1,600万ユーロ(CSKAモスクワ)
●サウジアラビア/ナウワーフ・アル=アービド
⇒ 170万ユーロ(アル・ヒラル)
●エジプト/モハメド・サラー
⇒ 8,000万ユーロ(リバプール)
●ウルグアイ/ルイス・スアレス
⇒ 8,500万ユーロ(バルセロナ)
 
【グループB】
 
●ポルトガル/クリスティアーノ・ロナウド
⇒ 1.2億ユーロ(レアル・マドリー)
●スペイン/セルヒオ・ブスケツ
⇒ 8,000万ユーロ(バルセロナ)
●モロッコ/アミーヌ・アリ
⇒ 2,500万ユーロ(シャルケ04)
●イラン/サルダル・アズムン
⇒ 900万ユーロ(ルビン・カザン)
 
【グループC】
 
●フランス/キリアン・エムバペ
⇒ 1.2億ユーロ(パリ・サンジェルマン
●オーストラリア/アーロン・モーイ
⇒ 900万ユーロ(ハダーズフィールド・タウン)
●ペルー/アンドレ・カリージョ
⇒ 600万ユーロ(ワトフォード)
●デンマーク/クリスティアン・エリクセン
⇒ 7,000万ユーロ(トッテナム・ホットスパー)
 
【グループD】
 
●アルゼンチン/リオネル・メッシ
⇒ 1.8億ユーロ(バルセロナ)
●アイスランド/ギルフィ・シグルズソン
⇒ 3,000万ユーロ(エバートン)
●クロアチア/イヴァン・ラキティッチ
⇒ 5,000万ユーロ(バルセロナ)
●ナイジェリア/ビクター・モーゼス
⇒ 1,800万ユーロ(チェルシー)
●ナイジェリア/ウィルフレッド・ディディ
⇒ 1,800万ユーロ(レスター)
 
【グループE】
 
●ブラジル/ネイマール
⇒ 1.8億ユーロ(パリ・サンジェルマン
●スイス/グラニト・ジャカ
⇒ 3,500万ユーロ(アーセナル)
●コスタリカ/ケイロル・ナバス
⇒ 1,800万ユーロ(レアル・マドリー)
●セルビア/セルゲイ・ミリンコビッチ・サヴィッチ
⇒ 7,000万ユーロ(ラツィオ)
 
【グループF】
 
●ドイツ/トニ・クロース
⇒ 8,000万ユーロ(レアル・マドリード)
●メキシコ/イルビング・ロサノ
⇒ 2,200万ユーロ(PSV)
●スウェーデン/エミル・フォルスベリ
⇒ 2,500万ユーロ(RBライプツィヒ)
●スウェーデン/ヴィクトル・リンデレフ
⇒ 2,500万ユーロ(マンチェスターU)
●韓国/ソン・フンミン
⇒ 3,500万ユーロ(トッテナム・ホットスパー)
 
【グループG】
 
●ベルギー/ケヴィン・デ・ブライネ
⇒ 1.1億ユーロ(マンチェスター・シティ)
●パナマ/ロベルト・ヌルセ
⇒ 800万ユーロ(ミネロス・デ・サカテカス)
●パナマ/アニバル・ゴドイ
⇒ 800万ユーロ(サンノゼ・アースクエイクス)
●チュニジア/ワフビ・ハズリ
⇒ 1,000万ユーロ(スタッド・レンヌ)
●イングランド/ハリー・ケイン
⇒ 1.2億ユーロ(トッテナム・ホットスパー)
 
【グループH】
 
●ポーランド/ロベルト・レヴァンドフスキ
⇒ 9,000万ユーロ(バイエルン)
●セネガル/サディオ・マネ
⇒ 6,000万ユーロ(リバプール)
●日本/香川真司
⇒ 1,300万ユーロ(ボルシア・ドルトムント)
●コロンビア/ハメス・ロドリゲス
⇒ 6,500万ユーロ(バイエルン)
 
※2018年1月にtransfermarkt.comで確認した額なので、現在では変動している可能性があります。
 

以下、この話題に対する発言のまとめです。


  •  

「メルシー、アーセン」ここ数年、ベンゲル・アウトの声もあった監督ですが、やっぱりみんな大好きなようで…(海外の反応)


プレミアリーグは13日に最終節が行われ、アーセナルはハダースフィールドと対戦した。
 
今季限りで、22年間指揮を務めたアーセン・ヴェンゲル監督が退任することになるアーセナル。プレミアリーグ史上最も偉大な指揮官の1人のラストマッチは敵地で行われたが、ハダースフィールドの多くのサポーターは大歓声で迎えた。
 
ヴェンゲル監督の功績を称え、上空には「Merci Arsene」、「One Arsene Wenger」といったバナーをつけたプロペラ機が飛び交い、指揮を執った22年にちなんで両チームのファンから22分に拍手が送られた。ヴェンゲル監督も、スタジアムからのスタンディングオーベーションにベンチから立ち上がって応えている。(中略)
 
ヴェンゲル監督は、1235回目にしてアーセナル最後の試合で、2018年アウェイ初勝利。有終の美を飾った。
 
アーセナルは、ヴェンゲル監督のラストシーズンを6位でフィニッシュ。来季もヨーロッパリーグを戦うこととなった。(全文は下記リンク先で)
 
ヴェンゲル、22年の旅の最後を勝利で飾る…アーセナル1235試合目で有終の美/プレミアリーグ最終節


  •  

【プレミアリーグ全日程終了】最終節で確定した3つの記録と3つの印象深いエピソードに対する海外の声


現地時間13日に、プレミアリーグ2017-18の最終節が行われ、全日程が終了しました。
その中で気になった6試合の海外の反応を追ってみましたので、まとめてどうぞ!

海外の反応を追ったのは以下の6試合。

●マンチェスター・シティ×サウサンプトン
マンチェスター・シティは、プレミアリーグで初めて勝ち点100に到達したチームになった。

●リヴァプール×ブライトン
モハメド・サラーが得点王に。38試合制のプレミアで32ゴールは歴代最も多い記録。

●アーセナル×ハダースフィールド
オーバメヤンはプレミア13試合で10ゴール目に到達。これはアーセナルの選手としては最速の記録。

●チェルシー×ニューカッスル
敗北後、チェルシーのメンバーはすぐに退場するも、アスピリクエタだけはその場に残り、チェルシーのサポーターに謝罪。

●トッテナム×レスター
計9得点の稀に見る乱打戦に。

マンチェスター・ユナイテッド×ワトフォード
マイケル・キャリック、正式に引退。

以下、この話題に対する発言のまとめです。


  •  

【海外の反応】「もしライバル役がメッシなら絶対に見る!」ロナウドが主人公のヒーローアニメ、絶賛製作中!


CR7として知られるサッカー界のスターは、2つの会社と提携して、オリジナルのアニメ作品「ストライカーフォース7」を制作しています。
 
ロナウドは、スーパーヒーロー作品のファンだそうで、このキャラクターは、アニメ、出版、ゲーム、デジタルコンテンツを通じて展開される予定です。
 
「サッカーと同様に、スーパーヒーローも世界中の文化や人々を繋ぐことができると信じています。このプロジェクトを通して、サッカーに注いできた情熱を結集したい」

以下、この話題に対する発言のまとめです。


  •  

【海外の反応】プレミアNo1の最強3トップにまつわる小ネタ3連発! ドラゴンボール調イラスト/私服センス/欲しいのはどっち?


チャンピオンズリーグ(CL)の決勝進出を決め、ここまで公式戦で89ゴールをマークしているリバプールのサラー、マネ、フィルミーノ。
今シーズンのプレミアリーグでNo1の”最強”3トップと言われております。そんな最強3トップにまつわる小ネタ3本をお届けします!


●ミスター・サタンスタイルのサラー
●フィルミーノの私服センス
●マネVSサネ どっちが欲しい?

それぞれに対する海外の反応をお楽しみください。


  •  

【海外の反応】「今回は豚丸ごと投げつけられる?」ネイマール、やはりレアルに移籍か。マドリー関係者と2度接触したと話題に!


 フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(26)が、スペイン1部レアル・マドリードと移籍交渉を行っていたと、9日付のスペイン紙アスが報じた。
 
 ネイマールは2月に右足第五中足骨を骨折し、母国で手術を受けた。同紙によると3月にリハビリをしていたブラジルでRマドリードの代理人と2度、接触していたという。
 
 ネイマールは昨年8月に史上最高の2億2200万ユーロ(約当時約261億円)でスペイン1部バルセロナからパリSGへ移籍。パリSGは背番号10の移籍金として史上最高を更新する2億6000万ユーロ(約338億円)を要求する見通しだが、Rマドリードは満額を支払う準備があるという。(全文はリンク先で)
 
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/05/09/kiji/20180509s00002025398000c.html


  •  

【海外の反応】開幕迫るW杯!期待を裏切り、早々と敗退しそうな国はどこ!?


海外の掲示板で見つけた面白そうなトピックを紹介します。
「2018FIFAワールドカップ ロシア」の開幕が迫り、W杯関連の話題が盛り上がっているようです!

ロシアワールドカップで期待を裏切り、早々と敗退しそうな国はどこだろう?
 
まず思い浮かぶのがロシアとポルトガル。そしてアルゼンチン。
 
もう一ヵ国挙げるとすればはポーランド。グループHは実力が拮抗している。コロンビアはチームとしてポテンシャルが高いし、個人技に秀でた選手が多いセネガルは強敵だ。そしてテクニカルな日本もポーランド人を驚かせる存在かもしれない。
 
頼みのレヴァンドフスキは、UCL(チャンピオンズリーグ)やEURO(ユーロ)などの結果が示す通り、ブンデスリーガ以外では活躍できないことが明確だ。ポーランドは世界のトップ8に入るような代表チームではないと思う。

【2018FIFAワールドカップ ロシアの日程】
2018/6/14(木)~2018/7/15(日)

以下、この話題に対する発言のまとめです。


【海外の反応】「ここまで大ファンとは」日本への移籍報道で世界を驚愕させたイニエスタ。キャプ翼が好き過ぎることも話題に!


イニエスタ、ヴィッセル神戸へ電撃加入? 年俸32億円超で合意と現地報道
 
 中国スーパーリーグ(1部)重慶力帆への加入が有力視されていたバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタだが、移籍は白紙になったようだ。そして新天地候補には日本が挙げられている。スペイン紙『アス』など複数メディアが7日に報じている。(中略)
 
 そして報道によると、イニエスタはヴィッセル神戸加入に迫っているようだ。7日夜にバルセロナの地元メディア『カタルーニャ・ラジオ』が報道し、国内メディアが続報を伝えている。(全文はリンク先で)
 
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20180508/754556.html

海外の反応を追ってみました。


  •