【海外の反応】決定!歴代ワールドカップで「最も失望した国」はここだ!


海外の掲示板でこんなトピックを見つけました!

私は過去数十年にわたってワールドカップを観戦してきました。

輝かしい記憶の中で埋もれがちですが、長いワールドカップの歴史の中には期待に応えられなかったチームも多くあります。
以下は私が選考したワールドカップで失望させられた代表国ベスト10です!

【10】ハンガリー(1982)
初戦はエルサルバドルを歴代記録になる10対1で破り、その勢いを持って2次リーグに進出すると思われた。しかしアルゼンチンには1対4で敗戦し、ベルギーとも引き分けた結果、かつてマジックマジャールと呼ばれた古豪はあっさりと敗退した。

【9】イングランド(2014) 【8】イタリア(2014)
コスタリカとウルグアイを含むグループを引き当てた両国。多くの専門家は、ヨーロッパ勢がこのグループをリードするだろうと予想した。しかし、予想に反してどちらのチームもコスタリカを破ることはできなかった。このグループには大会後にレアル・マドリーと契約したケイラー・ナバスとルイス・スアレスが立ちはだかったからだ。ウルグアイのエースストライカーはイングランド戦で2得点を挙げ、イタリアには勝ち点を稼ぐこと許さなかった。欧州の強豪は期待に応えることなくワールドカップから墜落した。

【7】アルゼンチン(1994)
1994年のワールドカップは、24ヵ国が6つのグループに分かれて戦う最後の大会だった。その形式は、各グループで3位になったチームのうち上位4ヵ国が、ノックアウトステージに進出できるといううものだ。前回のファイナリスト、アルゼンチンはこのルールの恩恵を受け、何とかグループを突破するものの、伝説的な存在であるマラドーナがドーピングで大会を追放され、チームもベスト16でルーマニアに屈した。

【6】フランス(2010)
2006年に決勝まで昇りつめたフランスがグループステージ全てのチームに勝ち点を供給する結果に終わってしまった。中堅国であるメキシコ、ウルグアイ、そして開催国の南アフリカは決して易しい相手ではなかったが、レ・ブルーがここまで無様なパフォーマンスに終始するとは、誰も予想できなかったはずだ。

【5】スペイン(2014)
ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2014年のスペイン。初戦でオランダに1対5と圧倒され、チリ相手にも完敗。唯一の慰めは最終戦での勝利であったが、無意味なものだった。

【4】イタリア(2010)
南アフリカでは、2006年の世界王者がグループ最下位で終了。パラグアイ、ニュージーランドと引き分け、スロバキアとの試合はシーソーゲームになるも3-2で敗戦。期待されると結果を残せない典型的なイタリアのパフォーマンスは、多くのニュートラルなファンに安堵のため息をつかせた。

【3】フランス(2002)
1998年のワールドカップ、2000年のEUROを制したジダン率いるフランスは前回王者枠で出場。優勝の本命と思われていたが、セネガルとの開幕戦を0-1で落としたのが凋落の始まりだった。その後1つのゴールを決めることなく、フランスのアジアツアーは幕を閉じた。前回王者のセンセーショナルな失敗を受けてFIFAは出場資格を変更した。2006年からワールドカップのチャンピオンだろうと、他のチームと同様に予選を勝ち抜かなければならなくなった。

【2】ブラジル(2014)
ブラジルで開催された2014年のワールドカップは、1950年に開催されたワールドカップでの衝撃的な記憶を消し去らなければならなかった。コンフェデレーションズカップの決勝でスペインを3-0で破り、大盛況のまま幕を開けた。しかしチームが準決勝に進出した辺りで、選手たちは重すぎるプレッシャーに耐えられなくなりつつあった。そんな彼らが極限まで無駄を省いたドイツ代表と対戦した結果、ブラジルの歴史の中でも最悪の試合となってしまった。

【1】北朝鮮(2010)
地球上のどの地域よりも忠実な北朝鮮市民の99.9%は2010年のワールドカップでトロフィーを持ち上げることを期待していた。なんと国営メディアはワールドカップで優勝したというニュースも用意していたそうだ。残念なことに、北朝鮮はグループ最下位で終わったので、バッドなニュースを代わりに放送しなければならなかった。帰国した代表選手団は400人以上の役人とジャーナリストに6時間も審査される屈辱に耐えなければならなかったという。

以下、この話題に対する発言のまとめです。

海外の反応

イタリア人
2回も名前が挙がっていることを誇りに思います。この夏は更なるランクインを避けられるので嬉しく思います。


ドイツ人
【11】イタリア(2018)


Anonymous
2010年に行われたスロバキアとの試合を覚えていますか?ラスト10分の展開の速さったらないね!


イタリア人
よくあるケース。イタリアはグループステージが鬼門なのよね。


イタリア人
2010年は得点するチャンスがあまり作れず、欲求不満だった記憶しかない。


Anonymous
2001/2002シーズン

セリエA:トレゼゲ
プレミア:アンリ
リーグ1:シセ

欧州トップリーグの得点王が3人いるチームが大会を通じて1ゴールも奪えないのが不思議で仕方がない。


Anonymous
フランスもイタリアと同じく前評判が高いと全然ダメなんだよね。


フランス人
ジダンヘッドはついて触れていてほしかった。


ボカファン
アルゼンチン代表は1994年より2002年の方がはるかに不満だった。


Anonymous
2002年の悲劇は未だに忘れられない。


アルゼンチン人
86年以来、最高のメンバーがそろったチームだったかもしれない。


アルゼンチン人
僕のヒーローはオルテガ!他にもアジャラ、クレスポ、バティストゥータ、とスター揃い。最も好きなチームでした。彼らは僕が大ファンになるきっかけのフランスワールドカップを凌駕する結果を残すはずだったのに、グループすら抜け出せなかった。


フラミンゴファン
2006年のブラジルを推したい。スーパースターが揃っていたけど、サッカーよりも女にうつつを抜かして自滅した情けないチームだ。


フラミンゴファン
ロナウドは我々にワールドカップをもたらしてくれたからまだ許す。が、ロナウジーニョ、ロビーニョ、アドリアーノ、そして他の選手までロナウドと同じように夜遊びしてたらそりゃ勝てんよな。


イギリス人
2014年も情けなかったけど、2006年のイングランドも大きな失望の対象だった。なぜなら選手層がずば抜けていたから。


イギリス人
そうそう、私も投稿しようとしていた。チームにはおそらく7.8人はワールドクラスの選手がいたはずだ。アシュリーコール、フェルディナンド、テリー、ランパード、ジェラード、キャンベル、オーウェン、ルーニー。現在のチームは…、ハリー・ケインの1人?


イギリス人
同意する。ウォーカーがおそらくワールドクラスに最も近い存在だと思います。彼より優れたRBは世界でもあまりいないのでは?もちろんケインは唯一ワールドクラスと呼べる選手です。


イギリス人
ウォーカーは良い線行ってる。スターリングはフィニッシュ精度を高めればまだ可能性がある。中盤は当時と比べると、ただただ残念。


レアルファン
当時の私はオーウェン・ハーグリーヴスもワールドクラスだと思っていた。


イギリス人
そうだね、あとベッカムに関しても、彼がワールドクラスであると主張する人もいれば、そうでもないという人もいて、判断が難しい。


イギリス人
2014年のイングランドに関しては何も言うことはないよ。


スペイン人
イタリアとウルグアイがグループを突破する予想が多かったね。イングランドは「死のグループ」で苦戦すると思われていたが、その通りになった。


ドイツ人
確かにウルグアイとイタリアを倒してイングランドが首位突破できるなんて考えはいくらなんでも楽観的過ぎる。


中国人
その2ヵ国に加え、伏兵コスタリカがいた。この大会で一番驚かされた存在だ。


イギリス人
その当時、イギリスでもグループ突破は厳しいって論調だったよ。ウルグアイはディフェンスがベテラン頼みだから、そこを突くしかないって話にはなってたけど、スアレスとカヴァーニが万全な状態な時点で諦めモードだった。


ローマファン
ウルグアイ戦の判定には納得いってないな。スアレスは明らかに噛みついていたのに試合中には何らお咎めなしだった。


リバプールファン
高温多湿な環境での試合はヨーロッパの選手には堪えたはず。私は熱帯地帯でサッカーをしたことがあるが、夜7時でも湿度は90%もあり、あまりの暑さに約2分間しか走れなかった。私がウェイン・ルーニーに同情したのは唯一の瞬間だ。


フィオレンティーナファン
グループ全チームにカモにされた2010年のフランスは衝撃的だった。


イタリア人
2010年にイタリアが敗退したとき、ネット上に嬉々として敗退を喜ぶ人が溢れていたとを思い出した。


フラミンゴファン
「強豪国」の失敗を楽しみにしている人は多い。2014年のブラジルに対するヘイトは本当にうんざりするものだった。


Anonymous
「ホームで戦う」という開催国ボーナスを与えられましたが、それに付随するプレッシャーをみな忘れていた。


フラミンゴファン
ドイツ戦の結果は置いておいて、恐らく優勝は厳しいだろうな、とは薄々感じていたよ。


Anonymous
ブラジルがWC2018の資格を得られないかもしれない、と言っている人々のことをを覚えています。世界の他のどの国より先に予選を終えたというのに。


Anonymous
ポーランド(1978)

前大会で3位になったチームは、プラティニと共にセリエAを席巻したボニエクと、ルバンスキの復活によって更に強化されたように思われた。だが、政治的な理由で監督の首が飛ばされると、チームはあっという間に瓦解し、本大会でも結果を残すことはできなかった。


ポーランド人
当時のポーランドで起こったことが、再び起こるのではないかと心配しています。


ケルンファン
1994年のコロンビアもこのリストに入れるべきだろう。


Anonymous
確かその年のコロンビアも優勝候補だったね。


リバプールファン
北朝鮮…。


アストンヴィラファン
結局負けたけど、ブラジル相手に2-1は十分な検討だったと思うがね。


Anonymous
北朝鮮のことは冗談ですか?


リバプールファン
no…。


References:bit.ly/2JWe223

  •  

3


  • 名無しの司令塔  2018/04/18 23:36  ID:g3Nzk3MDk

    ふう・・・俺らが歴史に名を刻む時が来たな(どっちとも取れる発言)

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/04/18 23:58  ID:U4MTI0Nzk

    ぱっと見した瞬間ボブネミミッミが浮かんだ

    返信

  • 名無しの司令塔  2018/04/20 18:41  ID:IzOTQ2NjY

    この中で一番すごい国が北朝鮮だよね 海外組も居ない中でWCに出場しただけでも凄い

    返信


名無しの司令塔 にコメントする コメントをキャンセル